先天的なものと後天的なくせ毛

先天的なものと後天的なくせ毛

先天的なくせ毛というと、これは子供の頃からなっているのですが、円形の断面が楕円形になっていたり、また、毛包に歪みが生じていたりしてくせ毛になっていきます。普通は円形になっているのですが、しかし、こういう風に変形してしまっていると、どうしても癖毛になってしまうようです。

 

さらに、先天的になる事以外にも後天的にもなることがあり、ホルモンの分泌が盛んになる思春期の頃なんかには、頭皮、髪のタンパク質のバランスが崩れる為に、部分的なくせ毛というものが、生じてしまいます。しかし、こういう風に先天的にくせ毛な人も、自分でヘアケアすることで、くせ毛があまり目立たなくなってくることもあるとのことで、うまくケアしていきたいですね。

 

さらに、30代になって、後天的になることもあり、毛穴がたるんでしまったり、またストレス、老廃物が溜まることなどで毛穴が歪んでしまったりする時には、くせ毛になりやすいとのことで、これも要注意です。その他にも、頭皮の皮脂バランスの崩れなども影響してくるのですが、どうしても体というものは変化してきてしまうので、これも仕方のないことでありますね。こういうことから突然、くせ毛になる事も多いので、できれば日頃から、ケアしていきたいものです。