縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマは違います。これはどちらもくせ毛矯正の方法です。この二つはなぜ同じ目的であるのに、異なるのかというと、第一液の還元剤と、第二液の酸化剤のプロセスの違いです。

 

どちらも同じものを使いますが、しかし、縮毛矯正の場合は、第一液を髪に馴染ませて、シスチン結合が切れたら、アイロンやドライヤーで伸ばします。しかし、ストレートパーマの場合は、この時に、コームで髪を伸ばしたり、パネルで伸ばしたりするものの、熱は加えません。ここのところが大きく違っていて、二つの施術の違いとなっています。そして、このどちらも融合したような技術というのが生み出されていて、それぞれの美容室で、名前が付けられていたりします。いろいろな施術方法がありますが、これらの中で一体自分には、何が良いのか、よく選んでいきたいものです。髪のダメージや、効果が長持ちすることなど、どちらのほうがいいのかよく考えたいですね。

 

施術を受けたものの、すぐに効果がなくなってしまった時には、美容室にいくと、その美容室で無料で施術し直してくれます。