やり方で時間が異なる

やり方で時間が異なる

クセ毛矯正でも時間と仕上がりが異なることがあります。これはドライヤーで髪を伸ばすのか、それともアイロンで伸ばすのかとうことで、大きく異なります。そして、時間が短いのがストレートパーマです。これは熱を加えるプロセスが短い為ですが、どうしても効果が遅いときは、薬剤をつけている時間が長くなってしまいます。

 

縮毛矯正の時間はアイロンをどう使うかで大きく異なり、それは温度や時間の調整によるのですが、こういうことで仕上がり異なるそうです。時間がかかってもいいように、時間には余裕をもって美容室にいくようにしたいものです。プレス法というのは、縮毛矯正の方法ですが、これはアイロンで加熱し、再結合前する前に髪をストレートにします。

 

還元剤を塗り、その後は、それを一度洗い流し、髪をドライヤーで乾して、プレスしていきます。そこから酸化剤を塗っていくので、かなり確実なものです。スルー法というブロー方法で、ふんわり仕上げるのですが、これは弧をかくようにスタイルをつくっていきます。これはストレートにすると髪の毛のボリュームがなくなってしまう人には、かなり最適です。