縮毛矯正の時間

縮毛矯正の時間

クセ毛矯正でも、アイロンで伸ばすのと、ドライヤーで髪を伸ばすのでは、時間と仕上がりの違いがあります。ストレートパーマは途中の熱を加えるプロセスがないのでより時間が短いですが、効果が出るのが遅いときは、薬剤をつけている時間が長くなるのは仕方がないことです。

 

縮毛矯正のプレス法では、熱を加えたアイロンで加熱するので、再結合前に完全に髪をストレートにします。還元剤を塗った後、一度洗い流して、髪をドライヤーでしっかり乾して、髪をプレスしていきます。そしてその後、酸化剤を塗っていきますからより確実なのです。ブローする方法は、スルー法といい、弧をかくようにスタイルをつくって、よりふんわり仕上げになります。逆にストレートになりすぎると髪のボリュームを失ってしまう人に適しています。アイロンの温度や時間の調整によって、仕上がりが違うし、縮毛矯正の時間も異なってきます。時間には余裕をもって美容室にいきましょう。

 

美容室 代官山 lani hair
Tree|渋谷区代官山町の美容室